社会福祉士の資格取得を目指す

社会福祉士の資格を取る場合には、毎年1回以上実施されている国家試験に合格することが必要条件です。

また、社会福祉士の受験資格には所定の要件がありますが、多くの人が受験資格を得る手段として取り入れている方法は、福祉系の4年生大学で受験資格を得る方法と、一般の4年生大学卒業後、社会福祉士一般妖精施設で1年以上勉強して、受験資格を得る方法などがあります。


社会福祉士国家試験は、全国12箇所程度の主要都市で行われています。

介護施設

合格基準は60%程度とされていますが、その年の難易度によって若干上下に変更しています。

試験の出題傾向としては、五択式で正しいものを選ぶものもあり、複雑な設問があります。

東京の高齢者住宅

過去の問題集で出題傾向を探っておくことが必要です。

受験対策としては、早くから基本を身に付けることが重要です。

最初することは、教科書の通読です。

これを科目ごとにノートにまとめておきます。

東京の住宅型有料老人ホーム

まず過去の試験問題を試してみて、自分のレベルを知ることが出発点です。

それを基礎として勉強スケジュールを立て、実行することが大切です。

暗記力が求められるものは、体系的に理解しながら覚える必要があります。


言語聴覚士

また、余裕がある範囲内で、受験対策講座を受講するのが効果的です。

具体的な教材としては、社会福祉士養成講座のテキスト、過去問題集、小六法などが必携となります。

高齢者施設の食事

自分の得意分野と不得手な分野を把握し、不得手分野を集中的に勉強することが大事なことです。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/collection/cnews/20160318-OYT8T50004.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1375045618
http://4meee.com/articles/hashtag/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BA%8B%E5%8B%99